« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月19日 (木)

MDデッキが不調になっちゃった

FMチューナーを中古だけど更新出来たので、さあエアチェック再開!
とタイマー録音を仕掛けて仕事へ出かけた。
帰ってMDデッキの電源をON!。
すると、表示部にむなしく”BLANK DISK”の表示が!。
ほえええ??!。設定ミス?。

早速実験開始。その結果は以下の通り。

① タイマー電源ONで録音は正常にされる。
② 録音中タイマー側で電源をOFFし、再度通電させると”BLANK DISK"となる。
 EJECTさせてもUTOCの書き込み動作をしない。
③ 通常の録音ではきちんとEJECT時UTOCが書き込まれ、録音は成功する。
④ タイマーでのON/OFFのかわりにデッキ側の電源ON/OFFで試してみても
 UTOCの書き込みをしない。

おそらく通電が途絶えると、書き込むべきUTOC情報が消えてしまうことが
原因の様である。

駆動系や光学系の不調でなくて良かった。そういうところだと修理代高くつきそうだもんね。
おそらくバックアップ用の電池かなんかが逝ってしまったんでしょう。
メモリそのものでないことを祈りつつ近いうちにTEACに修理依頼してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

カウンターが・・・

今日見たらカウンターが5人になってる!?。
昨日以前のが全く計上されてないみたい。

これまで来ていただいた方に失礼じゃないか、ぷららさんよ!。
っと言うほどのことでもないのでこのまま放っておこう。

いつか復旧・・・しないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呉両谷郵便局

4局目の訪問先

出身高校の近くということもあり昔からこの郵便局の
存在は認識していた。

暗めの室内で普段利用する所とは全く違う雰囲気。
でも決して悪い意味で言ってるわけではない。
これはこれで良いと思っている。というか身勝手かも
しれませんが私は普段は利用しないくせに残して欲しい
と言う気持ちが強い。

明るい照明、綺麗な建物も良いが私にはそれが
=ビジネスライクに思えてしまうのです。

20060115

ちなみにここ、向かいの病院にお世話になることが結構あり
ATMだけは結構利用頻度が高いです。

後で知ったのですがここの郵便局、風景印が用意してあるみたい。
小為替には押印してもらえるんでしょうか?。
今度の訪問先で風景印があったら聴いてみよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

今年初の物欲発動

去年FMチューナーが逝ってしまったので中古機を買ってしまいました。
購入先は庶民の味方ヤフオク。
土曜日に出物を物色していると即決で調度良いものがあったので即Get!。
出品者に連絡を取って見るとこれが意外と近い方。
交渉して手渡しとしてもらったので今日受け取ってきました。

で、そのブツがこれ

20060109_1

お値段4000円ナリ。普通に聴けてエアチェックが出来れば良いので高級機ではありません。耳が安く出来ているのでオーディオも安いのでよいんです。ではなぜ単品コンポなのか?といいますと、学生時代金がなかったので最初のオーディオは先輩の化石級単品コンポを譲ってもらったんです。そのうち一つが逝き、補充のため新しいのを買い足すとまた他が逝くといった具合で最終的に全部単品で買ってしまった、という次第です。今回の調達で調度全ての機器が2サイクル回りました。安くついてるのか高くついてるのか良くわかりませんが、この18年間MDという新しいメディアの登場やPCとの接続やらにも必要な部分を更新するだけで対応できたので良かったと思っています。

さて、Getしたブツをセットしようと思ってラックを引っ張り出したらやなものを見てしまった。
それはラック裏の埃の魔窟。しょうがなく掃除に取り掛かりました。
すると。。。

20060109_2_1

部屋中が魔窟となってしまいました。。。

9:30pmまでかかってえーやらやっと完了。
このまえ観た古畑任三郎が言ってた台詞を思い出した。
「普通先に置く場所をつくるだろ?」

どうやらおいらの段取り能力は今泉君並らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

あけまして....(遅っ!)

あけましておめでとうございます。
ってもう4日ですね。

ブログやるぞ!って張り切った割には更新はままならず。
やはり自分の生活リズム・習慣の中でインターネットの比重は
さほど大きくないな、と再認識してしまいました。

まあ、ぼっちぼちと行きますのでこれからもよろしく
お願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »