« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月25日 (土)

中古自転車を入手~その2~

懸案となっていた次期長男自転車のブレーキの強化策だが、
いろいろ検討したが結局ママチャリ用に売っている物を
取り付けることにした。

20060225_1

左が付いていたもの。鉄板打ち抜きで肉厚が無くブレーキング
時のたわみが大きかった。
対して右のものが新規に買ったブレーキ。アルミ製だが肉厚もあり
デュアルピボットなので効きも期待できる。

取り付け作業早々に予想された事態ではあるが問題発生。
リーチが足りずブレーキシューがリムまで届かない。
ここはヤスリでボルト穴を延長し対応した。
小径車ユーザーさんのブレーキ改造サイトを見ると穴延長は
良く出てくる記事だったので余り不安は無かった。

躊躇することなくゴリゴリ削ること20分で両側のヤスリがけが終了。

フレーム側の溶接跡が邪魔をして座金の据わりが悪いため
リムとブレーキの平行を出すのに難儀しながら取り付け完了。

20060225_2

新しいブレーキは効きが相当改善され、見栄えもよくなった。

ついでにブレーキレバーも今乗っている自転車からの移植を行った。
これにはリーチ調整ネジが付いているので小さい子どもの手に
あわせることが出来て具合が良いのだ。

20060225_3_1

シューの全面がリムと接触していないのでまだまだ改善の余地はあるが
これで長男に引き渡すことにした。
明日はシューのヤスリがけをすることにしよう。

退役となった自転車の方はもったいないが廃棄だなあ。
こんなのでも誰かもらってくれる人がいれば折りたたみ自転車の
ブレーキを移植して再生するけど。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

中古自転車を入手~その1~

長男の自転車に乗る姿が窮屈そうに見える。
買ったのが5年前の1年生のときじゃそりゃ窮屈になるはずよ。

だが、今買い換えというには非常に微妙なタイミングである。
大型はまだ無理だし、かといって中型はすぐに合わなくなりそう。
なんか良い手はないかいのー。

というわけでこんなのを入手した。

20060212_1

丁度会社の後輩がいらないと言うので引き取って来ました。
折りたたみ自転車なのでサドル高・ステム高の自由度が大きい。
ステム長さは如何ともしがたいがこれなら伸び盛りの体にも
対応できそう。実際乗らせてみても丁度良いポジションが取れそうである。

長男よ、中古(しかもノーブランド)ですまん。
でも安心しなさい、ばっちり整備してやるから。

とりあえず試走してみると、回転部に問題はない。
しかし!、ブレーキが全く効かない!。

  前 絶対的に強度不足。アーチが打ち抜き鉄板でブレーキを掛けると
   たわんでしまう。
  後 ドラム全体にシュー?が当たってない感じだなあ。あたりが
   付けば効くようになものか?。ドラムブレーキの知識が無いので
   これは調整方法リサーチからだな。
 前ブレーキが効かないのは致命的。

ブレーキの件の解決が優先度No.1であるのは判るが
なんとかなると思ったので先に他の部分の整備を開始した。

先ずはサビ落とし。ご覧の様にハンドル部分がサビサビである。

20060212_2

サビ取りクリームを塗ってしこしこ落とす。

20060212_3

完璧には程遠いが輝きが戻ってきた。
ちなみに左右のブレーキレバーの位置が対称になっていなかったのも
左手側の位置を内側にずらして調整している。

次にディレイラーの調整。ちょちょっと調整ネジをまわしただけで
変速のスムーズさが復活。さすがシマノ製である。

主要部分の注油はしたがハブ・BB部分は今回はパス。
工具そろえたらバラしてみるか。

引き取ってきた時点の状態がそこまで悪くなかったこともあり
一般的なメンテで走れるようになった(止まらないけど(^^);)

こうして我が家に新しいチャリが仲間入りしたのでした。

ただブレーキの件があるのでこのままでは長男に引き渡すことは
絶対出来ない。2,3案があるので今後じっくり検討することとしよう。

20060212_4_1

写真手前から
NEWチャリ(長男用)。
長男用現行(退役間近)。
次男用  (長男用とは違って、MTBパーツで構成されているのを買った。
      そのため後々のパーツ交換が制約されにくいのである。
      そのココロは”長く乗ってね”。)
わし用2号車(元々はちゃき姐用で買ったのだが、乗らんので
       わしが愛用している。)
わし用3号車(現在の主力機)
右側のは汎用車(当たり前だが積載力No.1。米が買いに出かけられるのは            
       これだけなのでなくてはならぬ存在。主にちゃき姐が使用)

これら高価でも豪華でもない自転車たちとのガレージLifeは
今後も続いていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

今シーズンの雪といったらもう。。。

勤め先が八本松ということで年に何回かは雪道通勤となる。
冬装備はずっとチェーンで通してきたが今シーズンは参った。
ここまで回数が多いとチェーンの付け外しが面倒でならん。

来シーズンはぜってぇスタッドレス買うぞ!っと心に決めた!!。

そういう時に限って暖冬だったりするんだな。
そういう星の下に生まれとるんよ、おいらは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

コンパクトクランク化!

現在のクランクはシクロクロス車なのでロードより歯数は小さめなのだが、
私の貧脚では軽いギア比に更なる余裕が欲しい。
だがPCD130mmでは限界があるので、クランクのコンパクト化を実行した。

20060204_2

これが現在のクランク(TRUVATIV ELITA)。
アルミの仕上げは美しいが艶消し黒の車体色には合ってないような気がする。

変えるなら色は黒いっそのこと出来れば素材はカーボンにしたいが
高いのであきらめかけていたところ、新品なのにリーズナブルなお値段のブツが
見つかった。評判等の情報が一切無いのは不安だったが思い切って入手。

20060204_3

右が新しいクランク。
メーカーはTOKEN TK904 (http://www.tokenproducts.com/2005/05htm/index.php)
歯数は本当は34Tが欲しかったのだが在庫の関係で36Tとなった。
ちなみに重量はELITAの733gに対してTK904は581g。実に152gの軽量化!。
軽量化フェチではないけれどなんか嬉しい。

取り付けは自分でやったけど工具さえあれば簡単。FDの調整をして完了。
インナーの歯数が小さくなったのでチェーンのコマ数も変えなきゃいかんのかな?。
ま、とりあえず不具合なさそうだし今後更に34T化もありうる
(そんなことより鍛えろや!っとちゃき姐の声がする。。。)のでしばらくこのままにしておこう。
かなりいい加減。
Qファクターはかなり小さくなりました。これまでのELITAが大きすぎたのか?。

20060204_4

車体色とマッチしててなんともエエ感じ。
ちなみにペダルもSHIMANOのLOOK互換からSPDに交換してます。

これで国道375号線・石内の激坂も怖くないぞ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呉大新開郵便局

5局目の訪問先

20060204

国道185号線広交差点から東へ少し行ったところにある。
昔はここから少し交差点寄りに広郵便局があった。

普段から目にしていることに加え、新目の郵便局には
これといった特徴も無くコメントのしようが無いなあ。
すんません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »