« 出雲路ワンデイラン160 ~その前夜祭~ | トップページ | 出雲路ワンデイラン160 ~山岳編~ »

2007年10月 4日 (木)

出雲路ワンデイラン160 ~スタート前~

4時起床。

こんなに目覚まし一発で起きるのは年にそう何回もない。
子供の遠足やね。

4時半に朝食。

かつお : 「すみませんね~。義母さん。
       こんな時間に朝ご飯つくってもらって。」
義母  : 「いいのよ~。お父さんなんて釣り行く時は
       3時ですもんね。4時なんて大したこと
       じゃないわよ。」
かつお : 「恐れ入りました。」

5時半に出発し近くのコンビニで補給食と麦茶を入手。
空は雲で覆われているがそんなに厚い雲じゃない。
経験上、山陰ではこの状態は”良い天気”の部類に入る。
車の温度計を見ると外気温は16度と低め。
半そで短パンでは少し冷えそうである。アームウォーマー
くらいは準備しとけば良かったかな。

6時ちょっと過ぎ玉造温泉空口公園(グラウンド)を使っ
た駐車場に到着。
車はグラウンドの端が並んでいる位で真ん中はがらがら。
既に到着メールをもらっていたTさんの車を探して近く
に停車。

先ずは一段下の受付会場にゼッケンをもらいに行く。

帰ってみるともうこんなに参加者の車で埋まっています。

20071003_1_2
車から続々と自転車が降ろされてます。
Uさんが見えんね~って事で探しに一周しつつ皆さんの
自転車および太モモ肉とフクラハギ肉を観察w。
うほ、これはメカマニアには垂涎の自転車博覧会ですよ。
ただ昨年第1回と比べるとロードレーサー(≒速い人)の
比率がぐっと高くなっているような気が。。。(汗)

一周して戻ってみるとUさんが到着してました(=徒労)。

そんでもってマイ自転車を降ろします。

20071003_2_2
今日も一日頼んだぜ、相棒!。

7時近くになったので一段下の受付会場のある駐車場に
移動します。そこが本日のスタート地点。

20071003_3_2
アーチも設置されておりいやがうえにも気持ちが
高ぶります。

20071003_4_2
みなさんド派手なウェアでキメてます。

ちなみに参加人数は、300人!。
第1回からほぼ倍増です。

ブリーフィングが始まってからぐるっと周りを見渡すと
トイレらしきものが見当たりません。こりゃやばいと
思ってそっと抜け出しあちこち探してやっとの事で用を
足し帰ってみるとブリーフィングは終了していました。

かつお 「なんか特別な注意事項あった?」
こなき 「うんにゃ、なんもなし」

昨日下見した効果で通行時の注意事項はばっちりです。

スタートまでの20分間は各自それぞれの待ち方で過
ごします。

ストレッチに余念の無い人。
前の坂でウォーミングアップする人。
記念写真を撮りまくる人。
他人の自転車をみてよだれ出す人(←オレ)。
タオルかぶって集中力を高めている人(おらんおらんw)。

そしてスタートを待つかつお
         (写真ご提供 こなきさん)。

20071003_5_2
呉の赤い彗星酔勢とはオレのことじゃ~!。

もしかしたら自身の姿は初公開かも?。
ワールドプレミアですw。

そして7時半、ついにスタートの時間です。

レースではありませんから号砲一発各車一斉にスタート!
というわけではありません。縦一列に並んで一人ずつ
約3秒間隔でのスタートになります。
やはり脚に覚えが有りそうな方が先陣を切ってスタート
していきます。

われわれ呉組4人は200番位の位置から
スタートしました!。

(すんません、今日はここまでが限界っす。)

|

« 出雲路ワンデイラン160 ~その前夜祭~ | トップページ | 出雲路ワンデイラン160 ~山岳編~ »

コメント

続きレポートが楽しみっス。最近のレースや大会って皆いい自転車に乗ってるよね~うらやましい。
ネットにのった知ってる人の写真ってみょーな感じ…

投稿: のぶ | 2007年10月 4日 (木) 22時46分

のぶくんへ

 続きはもうちょっと待ってくんしゃい。
 まだ心の整理が出来とらんのよ。

 最近の自転車はええよ~。
 自転車のレストアはその後どう?。
 ついでに勢いで新車1台買っちゃえば?w。

投稿: かつお | 2007年10月 5日 (金) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199580/8230468

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲路ワンデイラン160 ~スタート前~:

« 出雲路ワンデイラン160 ~その前夜祭~ | トップページ | 出雲路ワンデイラン160 ~山岳編~ »