« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月13日 (日)

俺チャレ 呉~博多 1日目

さて、この夏最大の(おバカ)イベント

”俺チャレ 呉~博多”

走破直後からなんだか”燃え尽きた感”がただよっていて、なかなか
まとめる事ができませんでした。ようやく落ち着いてきたのでもう2週
間も前のこととなってしまいましたが、一応ブログアップしときます。


【1日目 呉 →徳山】

8月26日(火)

7:45出発!。
スカーンと晴れ上がった天気に心躍るが、この先2泊3日 350km超
の長丁場、はやる気持ちを抑えスローペースで漕ぎます。
が、通勤通学の人達をスイスイ追い抜いて行きます。
すんませんねぇ、私だけ休日モードで。でもね、この日このと時の為
にわたしゃ3ヶ月前から宣言してお盆返上で働いたんですから。
許してチョーダイ。

31号線を気持ち良く流した後広島市内に入りまが、市内は交差点が
多くストップ・アンド・ゴーの連続でストレスが溜まります。

宮島口のフェリー乗り場で最初の休憩。平日というのに観光客が多
いです。外国人観光客に、「oh! FELT ばいしくる なんちゃらかんちゃ
ら~、どげだいこげだい・・・・・」と言われるが、こっちゃ何言ってるの
かわからんので得意のジャパニーズスジョークで応対。むこうもナニ
言ってるのか判んなかったろうな~。

11:55 広島県を脱出。

A01_yamaguchi_he

本日のコースは徳山までの約150km。なるべく高低差を避け(弱!)
岩国以降は2号線から離れて海沿いの188号線を行きます。

A02_188gosen

南岩国駅を過ぎたところで昼食。
マックスバリュでお安く食べます。

長めに休憩をとった後、海岸線をひた走ります。

A03_yamaguchi_no_umi

由宇を過ぎたあたりの潮風公園(みなとオアシスゆう)で休憩です。
綺麗なビーチです。が、上空をアメリカ海兵隊のF-18戦闘機が低空
で飛んでいます。ものすごい轟音です。岩国から離れていると思って
いたのですが、ここら辺も”基地周辺”なのね。

A04_yuu_kouenn

14:07 着ました、大島大橋。

A05_ooshima_oohashi

広島のサイクリストが良くここを目指して走るのを聞きますが確かに
188号線沿いの景色はサイコーでした。今回のルートで一番だった
かも。

これからも柳井まで綺麗な景色は続きますが、路面コンディションは
悪かった。路面の細かい亀裂を修復した段差がアルミフレームの
自転車を通してビシビシ老体をムチ打ちます。。。。。
左ヒザ、痛みはじめましたorz。。。。。。

柳井の手前に風車群が。へーこんなところに、発電用?。

A06_fuusya

柳井に到着したあたりで左足の痛みが引かないのでコンビで氷を
購入しアイシング開始です。店先で情け無い姿をさらしまくりですが
背に腹は変えられません。とにかくゴール優先なので、異常には早
めの対処を施します。

柳井市内・徳山市内までは夕方のラッシュにかかったこともあって、
スローペースで流します。

そして
17:24 本日のゴール地点、徳山駅に到着です。

A07_tokuyama_eki

ホテルに到着しチェックイン時のこと
フロント嬢 : 「お得な****カードへの入会はいかがでしょう?」
かつお   : 「(年会費タダやし)ハイ入りましょうかね」
フロント嬢 : 「それでは顔写真を撮りますのでコッチ向いてください」
かつお  : 「(予想外の展開じゃっ!) このカッコでですかい??」
フロント嬢 : 「(ニッコリと)ええ、とてもカッコいいですよ」
かつお  : 「(最上級のリップサービスやな、エエ社員教育しとる)」

その後ビジネスマンの厳しい目線をかわしながら自転車をエレベー
ターに載せ部屋に持ち込む。

A08_touyoko_in

ホテルに入ってからはなーんもすること無し。
ヒザが痛いので夕食の買い物以外は外出もせず、ひたすらアイシン
グに専念。氷がもらい放題なのは助かった。

1日目の走行データ
 走行距離 : 154.13km
 実走時間 : 6:51'11
 Ave    : 22.4km/h
 Max    : 42.0km/h

意外と市街地走行が多かったのでAveは伸びなかった、ということに
しておこう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

無事生きております。

この夏最大の(おバカ)イベント

”俺チャレ 呉~博多”

無事完走しました。

ちょっと”燃え尽きた”感が漂っていてます。。。

・・・・・道中のブログアップ、今しばらくお待ち

くださいませ(え?、待ってない?)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »