« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月 1日 (水)

物干し更新


DIYが特別好きなわけではないが、またも家財の更新ネタである。

現在使っている物干しは、家を建てたときからのものであるが機能
自体不具合は発生していない。ただ今後ベランダ内にあるものを
設置する為には物干しの台座部分が邪魔になること事が判明。
やむなくの更新となってしまった。
選んだのは腰壁に設置するタイプ。
設置方法はベースとなる取り付け台座を壁に固定して、そのベース
に本体を引っ掛けるだけ。
これなら素人の私でも出来そうである。
ちなみに天井吊りタイプも床に台座を必要としないし、レイアウトも
ある程度自由が効くのだが、あいにくうちベランダの天井は石膏ボ
ードぽっくて強度が不安なので選択肢から除外した。

4/25にポチッとしたのでGW前に届くか微妙だったが、在庫があった
様で3日後には到着。
仕事が休みになった昨日、更新作業をした。


先ずはベースの取り付け位置の決定。
とはいうものの、
腰壁といってもサイディングなのでそれを止めているクギの位置以外
は内部に構造材が存在しない。よって横方向については選択の余地
が無い。
また高さについてはメインユーザーであるちゃき姐の意見が絶対である。
よっぽど安全上問題が無ければここに意見をはさむ余地は無い。
なので私は決められたその位置にベースを取り付けるだけである。


下げ振りで垂直方向の位置出し(超適当)。

01_3


水平方向は手摺の水平がある程度出ているのでここを基準に決定。
(これまた超適当)

02_2


下穴を電動ドリルで開ける。

03


台座を固定。手締めだとキツかったので電動ドリルにプラスのビットを
装着してギュイーンとやったら3本目のねじで頭を削ってしまった。orz。

04_2


教訓 : ねじ締めは電動ドリルでやらないように。
      電動ドライバーを使おう!(持ってないけど)。


残りのねじは寸止めして最後だけ手締めとすることで何とかできた。

最後に本体を取り付けて完成。

05



所要時間は約1時間。

この後元の物干しを分解したのだが、台座の樹脂が相当劣化していた
様で持ち上げたら割れてしまいオモリとして入れていた水と砂が出て
来てしまった。部屋の中でなくて良かった。


これで足元が広く使えるようになり次の計画に着手できるようなった。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »