2013年8月15日 (木)

楽しい徒労

久しぶりに自分用のカメラを買った。
前回が中古で買ったD70だから6年ぶりか。

D70やKD-400Zははっきり言って自転車ライドには不向き。
かといってスマホ(HTC EVO3D)のカメラじゃ不満。
なので今回は自転車ライドに持ち出しても扱い易いように
タフネス系からのチョイスにした。

いろいろ検討した結果OLYNPUSのTG-630に決定。

こいつを選択した理由はいくつかあるのだが、それは実際に使い始め
てからの感想と一緒に後日ということで。
というか買って5日ほど経つのだがまだ通電させていないのだ。
次の休みには使ってみるか。


コンデジ買って必ず必要なメモリー以外で準備する3大アイテム
といえばカメラケース、ストラップ、液晶保護フィルムであろうか。
今回はケースは100均で調達。ストラップはジャージのポケットからの
出し入れがし易いモノをと考えているのだが未決。とりあえず同胞の
無印ストラップで様子見。
で、液晶保護フィルムはというと。。。要らないな。
今回は使い倒すつもりなのでキズが付いても気にしないつもりでいる。

でもちょっと気になって調べてみると、TG-630専用の液晶保護フィルム
はメジャーどころであるハクバとエツミには無いではないか!。

というかTG-630だけでなくパナのFT、ペンタのWG、フジのXP、etc・・
タフネス系といわれるカメラ用の液晶保護フィルムはことごとく
ラインナップされていない。
水中にドボンしても保護フィルムが剥がれない保証は出来ないという
ことだろうか。

それでも保護フィルムが欲しいという人はサイズの近いものを選ぶしか
ないわけだが、数ある商品の中からどれを選べば良いのかという疑問と
いうか興味が沸いてきた。
インターネットで情報を漁るとPEN Lite E-PL2のフィルムがハクバ製で
はギリギリらしいということが判明。
実際測った値も縦51mm、横73mm(左サイドのアール部は除く)で、
E-PL2用フィルムのカタログ寸法は71.6×51.0mm。確かにこれでOK
そうだ。



じゃそれ買えばええやん!  で終わりじゃ面白くない よねぇ。



E-PL2用の保護フィルムは既に店頭からは商品は姿を消しており、
ラインアップにあるので取り寄せになるし、いつカタログ落ちする
かわからない。

次善の策は用意しておかねば(誰のために?)

というわけで

”8/14現在ハクバHP上ラインナップされている
全製品中でTG-630に使える液晶保護フィルムは
どれだけあるか
調べてみよう!。”



はい、調べましたよ、その数196。
数値拾うだけで1.5時間かかりましたがな。
こういう無駄な労力はなぜか惜しまないしなぜか楽しいのだ。


全てをプロットした図。

Graph_1_4   


縦軸は縦寸法、横軸は横寸法、単位はmm。
赤線で囲った範囲内がTG-630において最低でも液晶パネル
(実際に画像が表示される部分)が覆えて且つ保護フィルムが
はみ出さない寸法となる。


赤線枠部分を拡大してみよう。

Graph_2_3

縦寸法の違いで3種類に分類できる。
・縦寸法44~47mmだと液晶パネルのみ覆える。
・縦寸法49~51mmは液晶パネル下のSTYLUSロゴも覆える。
・上記2種の間の寸法だとSTYLUSロゴ上をフィルム端が通る。

文章で書くとなんだか難しい、というか自分の説明能力の無さが難しく
してしまっているようだな。

まあ、あれだ、液晶パネル部分が覆えてりゃ何でもええって言うなら
ハクバ196製品中80製品が使えるっちゅう事だ。

なるべく広く覆いたいというならば赤枠の中でなるべく右上にあるモノ
を選べば良い。

Best5は順に
OLYMPUS PEN Lite E-PL2
OLYMPUS SZ-15
SONY RX100M2/RX1R
Nikon S4300
Canon EOS M

このうちカメラ本体が現行品なのはSZ-15,RX系,EOS M。
この3品ならば量販店でも在庫があるので入手しやすいだろう。

ちなみにエツミもほぼ同様な結果が出ると思われるが、各製品の寸法が
ハクバと微妙に違っているので要確認である。
(エツミはHP上から寸法拾い難いのであきらめた。)

また、本調査結果は実測値の誤差etcを含んでいます。
もし購入するならばもう少し詳細な調査が必要です。
この情報を元に買った液晶フィルムがTG-630に合わなかったという
苦情は受け付けませんの御了承くださいませ。




追記)
 ハクバ・エツミ以外ではサンワサプライ
  DG-LC7(反射防止型)、DG-LCK35(光沢型)の寸法が70.5×49mmで
 良さげです。
 扱っている店舗が少ないかもしれないが実売300円程度で
 ハクバの半値以下。
 値段重視ならばこれで決まりかも。

 通販でメーカーにこだわりが無いならばTG-630専用品がAmazoneに
 ありますねえ。 え?これ配送料無料で880円なのか。

 あれこれ調べたけど結局これが一番無難かもしれぬ?。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

KD-400Zを復活させた

A

復活といってもバッテリーを新調しただけである。

2002年製の10年選手を今更復活してもどうかと思ったが、期限切れ
間近のヤフーポイントの使い道には丁度良いのではないかと思った次第。

ただし純正は既に絶版なので社外品の調達となった。

B
手に入れたバッテリーはROWAジャパンのもの(写真左)。
最安ではないが、悪い評判もあまり無いシロモノで無難な選択。

ボディに装着したら早速問題が発生。

C
純正と比較して少し厚みがあるようで、手で取り出す事が出来ない。
これに関しては社外バッテリーでは半分お約束のようなものなので
これまたお約束のセロテープで取り出し用のベロを作って対応。

D
これ以外は何の問題もなし。

撮影枚数も150枚程度でひと目盛り減。
純正品でも公称100枚(フラッシュ50%発光時)で元々電池の持ちは期待
できない機種なのでこの値は十分満足。



早速外に持ち出し試し撮りしてみる。

01

発色は割とあっさり系だろうか?。まあ使っているモニターがアレなので深く
言及するのも意味がないな。

02_2

03

”コニカブルー”は期待できない模様。


04

ここ何屋さんなのだろうか?。


屋外晴天時は十分な画質だが、ちょっとでも光量が足らなくなると
ノイズが目立つ。そこは10年前のCCDなので仕方なし。
屋内での撮影はメモ用でもちょっと厳しいかもしれぬ。

久しぶりにKD-400Zを手にしてみたが、画質以外のところでは
左手で開けるレンズカバー → 両手を使えとの強烈なメッセージ
光学ファインダー → これにこだわる人はもういないか。。
金属外装 → 男のロマンだね
HEXER RFのシャッター音 → ま、雰囲気は出るが。。。ん~~。
と、今は亡きコニカがデジタル化の波に真っ向勝負を挑んでいた頃の
ものだけあって、現在の安物コンデジには無いカメラ感?がある。

IXYを意識したデザインだけはイマイチだな。


これでしばらくは遊べそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

晴漕雨漕

自分でつけたタイトルですが、なんて読んだんら良い
のでしょう?。


天候に左右されずトレーニングできるアイテムとして購入した
トレーナーですが、最近になってやっと稼働率が上がってきました。

Rora

とはいえ休日が雨の日に乗る程度で、平日はやはり難しいです。

あと、漫然と漕ぐだけでは継続して乗り続けることは難しそう。

なにか良いトレーニングメニューを考えねば。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

出発です

準備万端。

福岡に向けて出発です。

どうなることやら。。。。

安全第一で走ってきます!!。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

短気には向かない

10s化後の試走も順調で、出雲路センチュリーライドに向け
た準備も着々と進んでいます。
本日のメンテはハブのグリスアップ。
カップアンドコーン式なのでマメにメンテが必要なんです。

ハブレンチで分解開始。グリス切れや玉押しの虫食いが
無いか・・・、ハブを分解するときは時はいつも不安です。

今回は?、なんともありませんでした。一安心です。

古いグリスを除去し、耐久性重視で新しいグリスをたっぷり
盛って組み付けます。ここからが問題、玉当り調整が超面
倒くさいのです。

組み付け→ゴロゴロ(アチャー)
→組み付け→ガタガタ(orz)
→組み付け→スルスル(惜しい)
→組み付け→コロコロ(ウキー!)
→組み付け・・・・・・・・・・・・・・

何回締めたり緩めたりしたか覚えてません。

前後のハブのグリスアップで1時間ほどかかった
でしょうか。
短気にゃ向かない作業です。

作業の終了したフロントハブ。
手がグリスでベタベタになっていたので作業中の
写真はありません。

20080922
汚れも無くなってスッキリしました。

明日は少し長距離行ってみますか。

------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

中古美品

今日面白い番組を見た。
中古カメラを愛する赤瀬川原平氏の語りが私の心に
びったしはまる。
 パトロール=中古カメラ屋へ行く
 診療=店主と会話
 手術=現金払い
 麻酔=クレジット払い
ああ私が思っていたこととおんなじだ。

世の中Digitalなアキバ系の方々が大勢ですが、
やっぱり私はAnalogなマトバ系なんだなと自覚した。

さて、この週末は久しぶりに的場町へパトロールに
行って来るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

機材は揃ったが

先週の大阪遠征のときにビックカメラに寄ってモノクロ現像機材を
揃えてきました。さすが大型専門店、希望のものは全てそろえることが
出来ました。

20060904_4

かつお  : なあ、この2リットルのメスカップなんじゃが、100均ショップでも
       手に入るよね?。手に入るんじゃったら安く上がるんじゃが。
ちゃき姐 : あるわけ無いわよ。
かつお  : えー?、あるじゃろこれくらい。
ちゃき姐 : あのね普通2リットル計るのなら、1リットルで2杯とするわ。
       それに世の奥様が2リットル(=2kg)片手で持てるわけ無いじゃない。
かつお  : ほー、なるほど。ちゃき姐基準で考えとったからそこまで
       気がつかんかったわい。
ちゃき姐 : 空手4級チョーッップ!!

機材は揃いましたが、一つだけ足りないものがあります。
それは、水です。フィルムの現像処理には結構な水が必要ですが、
呉市、江田島市は今節水が叫ばれています。
生活に不可欠なもの意外は自粛すべきでしょう。
お楽しみは水道の完全復旧までおあずけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

やっと手に入った

モノクローム現像を始めようと思い立ってはや1ヶ月。
なかなか機材が集まりません。
本気でやる気があんのか?と自問自答しながらも
ついに大物をヤフオクで入手しました。

20060821

ナンじゃこりゃ?と思われるかもしれませんが、小型タンクとリールです。
カクテルシェーカーではありません。
リールにフィルムを巻いた後タンクの中に入れ薬品を注ぎ入れ現像します。

その他小物類は100均で調達できるものもあるので焦ってはいませんが、
専用品や薬品類は地方に住んでいると調達が難しいですね。
一応呉にも置いてある店はあるのですが品揃えがイマイチで。。。

来週大阪に遠征するのでその時に一気に揃えてしまおうと画策中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)